上野東照宮ぼたん苑とは

上野東照宮ぼたん苑は、徳川家康公を御祭神とする上野東照宮の敷地内に、1980年4月、日中友好を記念し開苑しました。
回遊形式の日本庭園に植栽された牡丹は現在、春は110品種600株、冬は40品種150株が栽培されています。
東京都心にありながら緑豊かな上野で、江戸風情に身を委ねながら、ごゆっくりと牡丹をご観賞ください。

牡丹について

牡丹の花は「富貴」の象徴とされ、「富貴花」「百花の王」などと呼ばれています。日本には奈良時代に中国から薬用植物として伝えられたとされ、江戸時代以降、栽培が盛んになり数多くの牡丹の品種が作り出されました。中国文学では盛唐(8世紀初頭)以後、詩歌に盛んに詠われるようになり、日本文学でも季語として多くの俳句に詠まれ、絵画や文様、家紋としても親しまれてきた花です。

会期について

上野東照宮ぼたん苑では、年間を通して様々な催しを行っております。季節によって表情を変える庭園をお楽しみください。
・1月1日 ~ 2月中旬「冬ぼたん」
・4月中旬 ~ 5月中旬「春のぼたん祭」
・9月下旬 ~ 10月下旬「ダリア綾なす秋の園」
※詳しくは各会期ページをご覧ください。

会期ページを見る

お知らせ

春のぼたん祭 会期終了に寄せて

本年の春のぼたん祭は終了いたしました。 皆様のご来苑まことにありがとうございました。 次回の開苑は秋のダリア展(9月下旬〜10月下旬)を予定しており…

210410春ぼたん

第42回 春のぼたん祭 開苑いたしました。

春のぼたん祭が開苑いたしました。 牡丹を始め様々な植物の開花が早まっておりますので、開苑早々に見頃のお花がご覧いただけます。 色とりどりの牡丹が織りな…

感染症拡大防止の取り組み

感染症拡大防止の取り組み

感染症拡大防止への取り組み 《ご来苑の前に》 感染症拡大防止のため、ご来苑の際は下記の通りご協力いただきますようお願い申し上げます。 ・マスクを必ずご…

もっと見る